<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2011年 06月 16日
ありがとうございました
6月10日の明け方、文ちゃんは作ちゃんのところに旅立っていきました。
すごくすごく、がんばりました。
お顔はとっても穏やかで、まるで眠っているようでした。
最後はゆっくり見送ってあげたくて。
2日間はお家に戻ってきて、家族と過ごしました。
そして12日の日曜日。
みんなで作ちゃんのところに行く文ちゃんを見送りました。

たくさんのお客様から応援してるから!っていうメッセージをいただきました。
心配していただき、本当に嬉しく思いました。
文ちゃんも、本当に感謝していたと思います。
どうもありがとうございました。

一番元気で、この子は20歳くらいまで生きるんじゃない?なんて、
よく笑って話していたものですから、なんだかまだ信じられない気持ちです。
最初にちょっと調子が悪いかも?といって病院に行ってから約10日間。
ほんのわずかの可能性に賭けて透析治療を始めて1週間でした。
お家で看取ってあげられなかったこと、それだけは悔いが残りますし、
文ちゃんごめんね・・・という気持ちでいっぱいなのですが、
もしあのとき、お家に連れて帰っていたら、もしかしたら治っていたかもしれない・・・と
それはそれで後悔していたと思います。
毎日、病院に行く度に、連れて帰りたい思いにかられ、
母と泣きながら病院を後にしたものでした。
私たちももちろんつらかったけれど、文ちゃんはもっと大変だったはずで、
それでも、文ちゃんがその間がんばってくれたのは、
私たちに心の準備をさせるためだったのかな・・・と思います。

作ちゃんのときには本当に1日のことだったので、
そして、7月の3連休の前日ということもあり、
ゆっくりお別れもできず。自分たちでお骨揚げをすることもできず、
ごめんね、ごめんね・・・と後悔の気持ちばかりで。
最後に私と母の目の前で息を引き取った作ちゃんの姿しか思い出すことができなくて。
本当に何ヶ月も立ち直ることができませんでした。

文ちゃんはきっとそのことをわかっていて、
ちょっと寂しいけど、ひとりでがんばるよって、
私たちに最後の瞬間を見せなかったように思います。
そして、お家に戻ってきてからの2日間は、
今までなかなか触らせてもらえなかったぶん、
みんなで思いっきりナデナデしたり抱きしめてあげることができました。
そして、お空に送るときも、寂しくないように、お家のお花でいっぱいにして。
最後まで家族で見送ってあげることができました。

文ちゃんは一番手のかかる子でした。
最初の数年は本当に精神を病んでいて、
大げさでなく、まるで狂犬のような時期もありました。
この子をこの先ちゃんと飼い続けることができるのかと、
母と途方にくれて泣いたこともありました。
大変なことがどれだけあったかわからないのに、
今思い出されるのは、不思議と楽しかったこと、可愛い姿ばかりです。
最後の数年は本当に元気いっぱいで幸せそうで、
車に乗っておでかけするのが誰よりも大好きで。
以前は車に乗るとまた捨てられると思うのか、
悲壮感あふれる声でないていたのが信じられないくらいでした。

最初に病院に連れて行ったときは点滴が効いて、
次の日は普段通りにもどっていました。
そのときにはまだ腎臓かどうかもわからないし、
そんなに深刻なこととも思っていなくて、
ただ、以前よくあった分離不安のときの症状に似ていたので、
最近おでかけしていなかったから欲求不満なのかも?なんていって・・・
急に思い立って蓼科牧場に連れていったのです。

a0104074_912516.jpg


a0104074_9131064.jpg


a0104074_9132545.jpg


ななちゃんと一緒に、おやつをおねだりしちゃって!
元気いっぱいにトコトコと楽しそうに歩いていました。
そして、家に戻ってきたら本当に満たされた顔をして気持ちよさそうにお昼寝して。
この日が元気だった最後の日でした。
今思うと、本当に連れて行ってあげてよかったと思います。

母のベッドの上で寝るのが大好きだった文ちゃん。
でも、そろそろ足腰にもよくないよね・・・と
丁度同じ日に、文ちゃん用に低いソファを買ってきました。

a0104074_9192446.jpg


新しい「マイベッド」にご満悦!
たった1日しか使えなかったけど、
このときの顔は本当に嬉しそうでした。


本当にあっという間に作ちゃんのところに行ってしまって、
悲しいし、寂しくて仕方がありません。
それでも、本当に思い出されるのは可愛い姿ばかりで、
心はなんだかとても穏やかです。
天国にいっても、作ちゃんがいるから寂しくないよねっていう気持ちもあるのかもしれません。
でも、最後にこんなに愛しい存在だと思わせてくれたこと、
それは文ちゃんからのプレゼントだったかな?って思います。
たくさんの楽しい想い出をありがとう。
そして、あんなにガブガブされても、
それでもやっぱり柴犬が好き!!な我が家です。
そう思わせてくれた文ちゃん、偉大でした♪
文ちゃんがつないでくれたご縁もたくさんあります。
赤煉瓦のお客様に柴犬が多いのは、文ちゃんのおかげですね。
いっぱいいっぱい・・・ありがとう!
天国では作ちゃんとけんかしないようにね・・・!

ガブリン柴だった文ちゃんを可愛がってくださった皆様、本当にありがとうございました。
そして、すべてをわかった上で本当に家族のように可愛がってくれた
歴代のスタッフの女の子たち。本当に嬉しかった。
どうもありがとう!

お友達が、天国の野原はいつもお天気で、
お花が咲いて、夜は満天の星空で最高に気持ちのいいところだよって言ってくれました。
文ちゃんは、天国のお誕生日も6月だねって。
天国では作ちゃんやたくさんのお友達が、
お誕生会と歓迎会をしてくれるよって言ってくれたお友達も。
想像したら、なんだかとっても楽しそうで、
安心して旅立たせてあげられる気がしました。

文ちゃんの13年間はきっときっと・・・幸せだったね。

by aubergeakarenga | 2011-06-16 09:32 | お知らせ
2011年 06月 09日
キャットミント、見頃です
お庭のキャットミント、今年もきれいに咲いています。
寒い日が続いていたので、例年よりも遅めでしょうか。

a0104074_22143860.jpg


a0104074_22145627.jpg


曇り空の下で撮った写真なので、うまく伝わりませんが・・・!
我が家の庭で、毎年必ずきれいに咲いてくれる貴重なお花です。
きれいな紫色なので、遠くから見るとラベンダーのようにも見えます。

a0104074_22165057.jpg


今年は全体的に遅いみたいですね~。
大好きなモンタナも、まだまだつぼみの状態です。
そういえば、大門峠の藤の花も、まだ満開ではないみたいです。
ちょっと遅めですが、今からがお花のいい季節になりますね。
楽しみ、楽しみです♪

by aubergeakarenga | 2011-06-09 22:19 | 日常
2011年 06月 08日
クルトくんのお誕生日。
先週の土曜日、6月4日。
ここ数年、お誕生日旅行でお越しくださるクルト君ファミリーがやってきました。
今年は10才のお誕生日。
お母さんから、グリーン系のケーキでお野菜デコというリクエストがありましたので・・・
今回はブロッコリーのピューレを混ぜ込んだマッシュポテトで作ってみました。

a0104074_2115254.jpg


ケーキを持っていくと・・・「僕のだよね!」って、すでにわかっているクルトくん♪

a0104074_21154759.jpg


好き嫌いのない(大変有り難い・・・)クルトくんですので、
喜んで食べてくれました!!

そしてその日は奥様からご主人へサプライズケーキのご依頼も。
実は、6月末から海外へ単身赴任することが急遽決まったというご主人。
引っ越しの準備やらなにやらお忙しい時期でしょうに、
赴任される前にお越しくださいました。
そして、しばらく家族と離れてしまうご主人へ、感謝の気持ちを込めてということで・・・。
ご主人の大好きなフルーツたっぷりのケーキをこっそり作らせていただきました♪

a0104074_21202274.jpg


全く予想もしていなかったようで、とっても驚かれていたご主人。
素敵なサプライズに、私もなんだかウルウルしてしまいました。

a0104074_21212423.jpg


お越しいただく度に、素敵なご夫婦だな~と、私まで幸せになります。
可愛い一人息子のクルトくんと一緒に記念写真♪
奥様とクルトくんと離れるのはどんなに辛いかと思いますが、
どうぞ、お身体に無理のないよう、行ってらっしゃいませ!!



そしてこちらのクルト君、実は我が家の文ちゃんと同じ6月6日がお誕生日。
文ちゃんの場合は、私たちが勝手に決めた記念日ではありますが、
毎年、文ちゃんのこともとても気遣ってくださり、今年もプレゼントをいただいてしまいました。
その文ちゃん、6月3日から入院中です。
5月30日からちょっと様子がおかしく、腎臓の病気の疑いがあるということで病院通いをしていたのですが、
6月2日から急激に悪化し、3日にはついに入院。
4日の金曜日にはさらに悪くなって、このままでは一両日中に・・・というような状態でした。
先生から、透析をやってみますか?と言われたとき、一度はお願いしたものの、
母と散々話し合い、あまり痛い思いをさせないで家で看取ろうという結論に達しました。
ですが、病院での文ちゃんの姿を見たとき、本当に必死でがんばっていて。
ふらふらになりながらも、四つ足でふんばって、目はまだ生きたいって言っているような気がして。
手術をするならもう一刻の猶予もないということで、その日の午後にお願いしました。
とりあえず、麻酔から無事覚めてくれたことで第一関門突破。
まだまだ全く予断は許さない状態ではありますが、
ほんの少しづつ、おしっこも出るようになり、数値も下がり始めたものもあります。
先生は、基本的に無理な延命をしない方です。
あと1日2日しかもたないと思えば、お家に連れて帰って看取ってくださいと言う先生です。
でも、その先生が、透析をやってみたら…といってくれたということは、
文ちゃんの生きたい!って思いが強かったからかな?と思えます。
毎日、母とふたりで病院に通っていますが、
まだほとんど意識はない状態ですが、声をかけるとちゃんと反応してくれて。
先生もスタッフの女の子たちも、本当によくしてくださっていると思います。
有り難いことです。
今はまだ一進一退で、どうなるかわかりませんが、
文ちゃんの生命力、そして運の強さを信じたいと思います。
入院して以来、柴犬連れで文ちゃんに会いにきましたというお客様も多くて。
皆さん、文ちゃんのことを応援してくださっています。
その気持ちはきっと文ちゃんに届いているから、がんばっているのかな?
6月6日、病院でではありますが、なんとか13才のお誕生日を迎えることができました。
クルトくんのママから、「文ちゃんと一緒にお祝いしたいから・・・」と、
ケーキのおすそわけもいただいていました。
いただいたプレゼントと一緒に、文ちゃんのところに持って行きました!
ありがとうございます。
文ちゃん、お家に戻ってきたら、盛大にお誕生日のお祝いをしなくちゃね♪
文ちゃんもがんばっているから、私たちも泣いてばかりはいられないのです。

ここのところ、急に暖かくなって、新緑も美しく、気持ちの良い季節になりました。
そんなこんなでバタバタで、なかなか更新できなかったブログですが、
少しづつ再開できたらな・・・と思っています。

by aubergeakarenga | 2011-06-08 21:50 | わんこケーキ